薪ストーブ

おの式薪ストーブ “ミシェル”

メイン画像:おの式薪ストーブ “ミシェル”

脚長タイプの小型薪ストーブです

おのストーブの製品の中で、最も小型なタイプの薪ストーブです。
炎が燃える様子が見えるように、また薪をくべやすくするために火室を支える脚の長いデザインになっています。

製品情報

製品名 おの式薪ストーブ “ミシェル”
全体寸法

横幅64cm×奥行51cm×高さ90cm

暖房方式 輻射式
燃焼方式 二次燃焼クリーンバーン方式
薪の種類 針葉樹 広葉樹
その他費用

・正式見積もりの際に、図面作成料金25,000円〜が必要になります。
・別途、設置工事費、煙突料金が必要です。

カスタマイズ

(1)ダンパーボックスの位置
煙突と火室をつなぐダンパーボックスの位置は、左寄せ・右寄せ・中央など用途や希望に応じて変更できます

(2)扉の開閉向き
火室の扉の開閉向きは、右開き・左開きをご指定いただけます

オプション

・薪ストーブ側面への装飾(型式:クラリス)は、+5万円〜で承ります。

製品の特徴

カフェやショップなどに置いていただくイメージの小型ストーブ

小型薪ストーブの初期モデル ”ラッキーキャット” の改良版

おの式薪ストーブ ”ミシェル” は、おのストーブの製品の中で一番小さなタイプのストーブです。

創業期にデザインした、試作モデルの “ラッキーキャット” の改良版になります。

ラッキーキャットの生産は、終了しました

特長は、少し長めの脚。

火室が小さくなっても、椅子に座ったときに火室の中で燃える薪の炎が見えるように、足の長いデザインを採用しています。

比較的狭いスペースでも設置できますので、小さめのお部屋向き。

インテリアの一部として、カフェや小売店などにも設置いただけたら良いなと思って設計士ました。

愛称の「ミシェル」は、脚の長い女性モデルのイメージです ^ ^

小型薪ストーブとして、元々作っていたラッキーキャットは、ストーブ本体と煙突をつなぐ「ダンパーボックス」も小型のため、冷たい空気が閉じ込められていると、煙が空に向かって上がりにくいことがありました。

(バーナーで少し炙って、空気を温めてあげるとスムーズに煙が流れます)

また、猫のしっぽのモチーフのハンドルが、ストーブ本体と同様に高温になることがありました。

新しい小型ストーブミシェルでは、この問題を解決しています。

 

小さくても、おの式薪ストーブの性能は健在!

火室が小さめですので大きな薪は燃やせませんが、特許取得の独自ロストルによる火付きの良さや、炎のコントロールのしやすさは、ジェニファやグラハムカーと並ぶ性能を実現しています。

また、他の製品同様に、扉を開ける向きやダンパーボックスの位置、ハンドルのデザインなどは、ご要望に応じてカスタマイズできます。