活動ブログ

黒川元晴さん陶芸家

黒川元晴さん陶芸家

前記事の続きです。

松本剛太郎さんのアトリエ見学の後「薪ストーブを見に行こう~」と連れて行ってもらったのが備前焼を作られている黒川元晴さんの工房。

ご挨拶もそこそこに早速始まる薪ストーブ談義。焚き方、ストーブの素材、煙突、etc…と話が弾み。それはそれは楽しい時間でした。

お話しの後、工房をご案内頂きました。
作品は1年間かけて作り2週間かけて登り窯で焼くとのこと、完成された茶碗や皿や壺などたくさんの備前焼を見せて頂いて、そこではじめて黒川さんって凄い人なんだと驚きました!

※写真右:薪ストーブの前で寝ている黒川さん家の犬


黒川元晴さん陶芸家

黒川元晴さん陶芸家