薪ストーブの使い方
薪ストーブの話
薪作りと薪の乾燥
薪の火のつけ方
煙突の役割
炉台・遮熱壁
煙突掃除 ご注文の仕方 薪ストーブ出張相談会

炉台・遮熱壁

炉台と遮熱壁は木造建築では
特に重要です。

炉台と遮熱壁は、薪ストーブから発せられる熱から部屋の「床」「壁」などを守るためのものです。 特に木造建築では重要です。

薪ストーブを使ってすぐに部屋の「床」や「壁」が焦げることはないかもしれませんが、 繰り返し薪ストーブを使っているうちに木材が徐々に低い温度で炭化する「低温炭化」という現象を起こすことがあります。

木材は、80度前後の温度でも長期間加熱されると、水分が蒸発し炭化し、炭化を通り越すと発火することがあります。 お部屋の「床」や「壁」そのものが不燃材料の場合は、炉台や遮熱壁の設置が不要なケースもありますが、 通常「熱」が及ぶ部分すべて「熱をシャットアウト」することが必要です。

炉台と遮熱壁の設置方法

炉台と遮熱壁

材料

炉台と遮熱壁に使う不燃材料には、レンガ、石などが多いです。

設置

炉台は、床と式レンガの間にケイカル板など不燃材料を挟んで敷きます。

遮熱壁を家の壁に沿って設置する場合は、遮熱壁と家の壁の間に25mm以上の空気層をとります。



お問合せ

お問合せは、お電話またはメールフォームからお願い致します。

TEL:050-8808-7116
携帯:090-1174-0703 【全般】技術的なこと以外
携帯:090-4787-6156 【技術的なこと】薪ストーブの製作・設置など

工務店(ハウスメーカー)様

お見積り用のお家の建築図面をお送り頂く場合は、 こちらのメールアドレスに添付をお願い致します。
E-mail:info@ono-stove.com

メールフォームに必要事項をご記入の上、「確認」をクリックしてください。 *の付いている項目は必須項目です。

お名前*
ご連絡先メールアドレス*
都道府県*
郵便番号
ご住所
お電話番号*
お問合せ内容*