薪ストーブの使い方
薪ストーブの話
薪作りと薪の乾燥
薪の火のつけ方
煙突の役割
炉台・遮熱壁
煙突掃除 ご注文の仕方 薪ストーブ出張相談会

薪ストーブについて

時間を忘れ炎を眺め続けた
経験はありませんか?

この地球上で炎を操れる生物は今も昔も人間だけ。

家族と共に感謝

太古の昔、人は炎から「暖かさ」「明るさ」「安らぎ」「安心」を感じ 今日一日生き延びれたことを家族と共に感謝したのではないでしょうか。

そんな太古の昔の記憶が、炎を見ると呼び覚まされて心が穏やかになるのです。

また、炎がゆらぐ強弱、パチパチと薪のはぜる音が 自然界の1/fの揺らぎに従っていることも安らぎを感じさせる効果があるので、 いつまでも炎を見ていたいと思うのです。

1/fの揺らぎには、炎の他にも打ち寄せる波、夜空の星の瞬き、蛍の発光パターンなどがあります。 1/fの揺らぎ「自然界のリズム」この環境に人間が入ると心身ともに癒されるのです。


薪ストーブの温もりの秘密は輻射熱!

太陽の暖かさ

エアコンやファンヒーターなどは、暖めた空気で部屋を暖めるます。
これとは違い、薪ストーブは放射される輻射熱の一種「遠赤外線」で直接人の身体や部屋を暖めます。

輻射熱の熱の伝わり方は、高温の固体表面から低温の固体表面に、その間の空気の存在に関係なく、 直接電磁波の形で伝わります。

薪ストーブの暖かさ=太陽の暖かさ

極端に言えば部屋の空気は冷えていても太陽の光のように人や部屋自体を直接熱めてくれるので、 薪ストーブは日向ぼっこのように身体の芯からポカポカと暖まるのです。


薪ストーブの炎を操る

炎

薪ストーブの醍醐味は、なんといっても炎です。

おのストーブは、いろんな炎を作り上げることができます。

薪の焚き方が上手になってくると、気密性が高いストーブなので 美しいオーロラバーンも楽しむことができます。


燃焼方式は、二次燃焼クリーンバーン方式

薪を燃やして出る煙には、まだまだクレオソートをはじめとする様々な物質やガスが残っています。(不完全燃焼の煙)

これを完全燃焼に近づけるために火室背面が二重構造になっており、 その中で熱せられた空気を火室上部のステンレスパイプから 不完全燃焼の煙に吹きつけ、煙を再燃焼させ完全燃焼に近づけます。これが二次燃焼です。


※動画(上)は薪の焚きはじめの火室の様子です。動画(下)は、二次燃焼がはじまった火室の様子です。

火室内部の直接火があたる部分のロストル(火格子)、バッフル板(炎返し板)、 ダンパー(排気弁)は、ストーブを長年使っていると部分的に消耗する場合がありますので、 取り替え可能な設計にしてあります。

火室内部には、蓄熱性を高めるため、両側面に耐火レンガを設置しております。



お問合せ

お問合せは、お電話またはメールフォームからお願い致します。

TEL:050-8808-7116
携帯:090-1174-0703 【全般】技術的なこと以外
携帯:090-4787-6156 【技術的なこと】薪ストーブの製作・設置など

工務店(ハウスメーカー)様

お見積り用のお家の建築図面をお送り頂く場合は、 こちらのメールアドレスに添付をお願い致します。
E-mail:info@ono-stove.com

メールフォームに必要事項をご記入の上、「確認」をクリックしてください。 *の付いている項目は必須項目です。

お名前*
ご連絡先メールアドレス*
都道府県*
郵便番号
ご住所
お電話番号*
お問合せ内容*