薪ストーブの使い方
薪ストーブの話
薪作りと薪の乾燥
薪の火のつけ方
煙突の役割
炉台・遮熱壁
煙突掃除 ご注文の仕方 薪ストーブ出張相談会

薪の火のつけ方

揺れる炎と薪のはぜる音
ゆっくり炎を眺める贅沢な時間

小さい薪に火を付け徐々に大きな薪に火を付ける

  1. 焚付け用の細い木を2~3本
  2. 薪を井形に3段組む
  3. 給気口、ダンパーは開いた状態
  4. 焚付け用の細い木に火を付ける

とても寒い日の注意

寒い日の注意

冷たい空気は暖かい空気より重いので、外がとても寒い日は煙突内に冷たい空気が溜まることがあります。 この状態で薪ストーブに火を付けると、ストーブ内で暖まった空気(煙)が煙突を登ることができず煙が逆流することがあります。

煙の逆流を防ぐには

薪に火を付ける前に点検口を開けライターなどで煙道を暖めてください。


換気扇の注意

換気扇の注意

最近は気密性が高い住宅が多いので薪ストーブに火を付けるときに換気扇が回っていると、 換気扇が薪ストーブ内の空気(煙)を引き込み煙が煙突を登ることができず逆流することがあります。

煙の逆流を防ぐには

薪に火を付けるときは換気扇を回さない。 または、換気扇を回す場合は、部屋の窓を少し開けください。

※薪に火がつきましたら換気扇を回しても大丈夫です。


薪ストーブの操作

温度調整

薪ストーブの温度調節は、温度を上げるときは給気口を開け火室に空気を送り込みます。 反対に温度を下げるときは、給気口を絞ります。

上手な焚き方

薪の上手な焚き方は、薪が熾火になった状態を長く保つことです。 そして、熾火が弱くなってきたときが次の薪を投入するタイミングです。

2次燃焼

ゆっくり薪を燃焼させるには、薪が全体的に炭化してきたら給気口を閉じ、 2次燃焼パイプと扉ガラス面の給気のみで火室に空気を送り込んでください。

この状態が2次燃焼です。ゆらゆらと美しい炎が楽しめます。

※2次燃焼は薪の焚きはじめから10~30分程度、 炉内の温度550度程度に達したころからはじまります。


オーロラバーン

2次燃焼中に扉ガラス面の給気も閉じ、2次燃焼パイプからのみ空気を送り込む状態にすると 条件が整っていればオーロラバーンも楽しめます。

シーリングファンを活用

吹抜けなど天井が高い家は、シーリングファンなどで 天井に溜まった暖気を部屋全体に拡散させるとより速くお部屋が暖まります。

薪ストーブの消火の仕方

通常は、薪が燃え尽きれば火は消えますので何か作業をすることはありませんが、 少しお急ぎの場合は、全ての給気口を閉じ火が消えるのを待ちます。 もっとお急ぎの場合は、消火壺に全ての熾火を入れフタをし火を消す方法もあります。

薪が燃焼する仕組み

  1. 薪に火を付けて温度が90度以上になると、薪内部の水分が蒸発し始めます。 ここで含水率が多い薪ほど燃焼までの時間が長くかかります。
  2. 薪の温度が260度以上になるとタールを含んだ気体が放出されます。 このまま温度をあげることでエネルギー(熱量・カロリー)の放出が始まります。
  3. 放出された気体と十分な酸素があり温度が600度以上になると発火します。
  4. ガスが放出すると薪は木炭に変わります。 この木炭は700度以上で燃えます。この状態が熾火(おきび)です。
  5. 木炭が完全に燃えたあとは、燃焼に必要のない無機質な灰だけが少量残ります。

お問合せ

お問合せは、お電話またはメールフォームからお願い致します。

TEL:050-8808-7116
携帯:090-1174-0703 【全般】技術的なこと以外
携帯:090-4787-6156 【技術的なこと】薪ストーブの製作・設置など

工務店(ハウスメーカー)様

お見積り用のお家の建築図面をお送り頂く場合は、 こちらのメールアドレスに添付をお願い致します。
E-mail:info@ono-stove.com

メールフォームに必要事項をご記入の上、「確認」をクリックしてください。 *の付いている項目は必須項目です。

お名前*
ご連絡先メールアドレス*
都道府県*
郵便番号
ご住所
お電話番号*
お問合せ内容*