おのストーブの特徴
どんな薪でも燃やせる
二次燃焼クリーンバーン方式
広葉樹と針葉樹の特徴
熱による伸縮に強い構造
ゆっくり長く薪を燃やす構造
短時間で暖まる構造
鋼板と鋳物のストーブの特徴
新開発のロストル
ロストルの燃焼比較実験
煙突掃除 ご注文の仕方 薪ストーブ出張相談会
どんな薪も燃やせる薪ストーブ

杉や檜などの間伐材も燃料にできる薪ストーブ

一般的には、薪ストーブの薪には広葉樹が適していると言われています。 しかし、お住まいの場所によっては、広葉樹より杉や檜の間伐材などの針葉樹の方が入手しやすい地域もあります。 当社の薪ストーブは広葉樹、針葉樹の区別なくどんな薪でも燃料としてお使い頂けます。

広葉樹と針葉樹の比較と問題解決

間伐材を燃料にするための新構造(特許出願済み)

杉や檜などの針葉樹の薪の特徴は、
火力が強く短時間で燃え尽きることです

熱による伸縮に強い構造
機関車

火力の強い針葉樹を燃やすことで急激に温度上昇する薪ストーブ本体の 素材を熱の伸縮に強い丈夫な厚い鋼板を使って製作します。 さらに、鋼板と鋼板の接合には飛行機、機関車、鉄塔などで 昔から使われている伸縮に強いリベット接合で接合しています。

「熱による伸縮に強い構造」


ゆっくり長く薪を燃やす構造
囲炉裏

短時間で燃え尽きてしまう針葉樹をゆっくりと長時間燃やすために火室の底面に灰を溜め、 その上で薪を燃やす構造にしています。これは囲炉裏や火鉢と同じ原理です。 ※囲炉裏や火鉢の熾火は灰の上にあることで火持ちが良いです。

「ゆっくり長く薪を燃やす構造」


二次燃焼クリーンバーン方式で清浄な空気を排出
二次燃焼クリーンバーン方式

高性能な薪ストーブには必ずと言っていいほどついている「二次燃焼」。 薪から出る煙を再燃焼させ完全燃焼(クリーンバーン燃焼)に導き、 清浄な空気を煙突から排出します。

「二次燃焼クリーンバーン方式」


一番壊れやすい部分を保護する構造

薪ストーブが一番壊れやすい部分は、火室底面にあるロストルという部分です。 ロストルの上で薪を燃やすためもっとも高温になりロストルが変形や熱割れを起こします。 しかし当社では火室底面に灰を溜めるためロストルは灰の下になります。 ロストルが直接炎に接しないため保護された状態になります。

「新開発のロストル」

炎を自由に操る構造

当社の薪ストーブは火室内に送り込む空気の量を調節する給気口がいくつか用意されています。 これにより炎の調節ができます。


薪ストーブ内部構造

お問合せ

お問合せは、お電話またはメールフォームからお願い致します。

TEL:050-8808-7116
携帯:090-1174-0703 【全般】技術的なこと以外
携帯:090-4787-6156 【技術的なこと】薪ストーブの製作・設置など

工務店(ハウスメーカー)様

お見積り用のお家の建築図面をお送り頂く場合は、 こちらのメールアドレスに添付をお願い致します。
E-mail:info@ono-stove.com

メールフォームに必要事項をご記入の上、「確認」をクリックしてください。 *の付いている項目は必須項目です。

お名前*
ご連絡先メールアドレス*
都道府県*
郵便番号
ご住所
お電話番号*
お問合せ内容*